どれぐらいの失業手当が受給されるか計算してみましょう


給料の約5割から8割で計算

失業手当の基本手当日額の計算は、前のサラリーから計算することができます。 まず、前職のサラリーの辞める前の6カ月分を全て足します。 この際ボーナスは加えてはいけません。 その全部を180で割って出た数字がだいたい給付される基本手当日額になります。 全部の額の計算は、失業手当を受給する期間によって異なります(事故理由で辞めた場合と、会社都合で辞めた場合では期間が異なるため)。 給付期間中に仕事が決まれば、そこで報告し雇用保険に新たにもう一度加入しなくてはいけません。

失業手当の給付率は、年齢や賃金日額で変わります

失業手当の日額は賃金日額×給付率です

失業手当の日額の計算方法は、賃金日額に給付率を掛けたものになります。 この賃金の日額の計算は、離職する直前の6か月のサラリーの合計を180で割ったものになります。 ですから、20万円のサラリーを貰っていた人は200,000×6÷180ということに数字ではなります。 給付率は賃金日額と年齢によって%が若干ずつ変わってきます。 賃金日額が低いほど給付率は高くなるようにできていますが、約5割から8割で60歳以上は4.5割から8割の計算になります。 またこの賃金日額は年齢によって上限額、下限額が規律で決まっています。 ハローワークにて失業認定を受ける時に配布される資料に、その年の額が載っていますのでもう一度見て最初にしっかりと確認をしてチェックし計算してみましょう。


このページの先頭へ